韓国語で自己紹介するのに役立つ7つの例文と発音まとめ

以前書いたこちらの記事「【韓国人との出会い】私が韓国人彼氏を作った簡単な方法」が大人気でした。

読者の方から「韓国人と付き合えました!」「日本で韓国人彼氏が作れるなんて!」みたいなメールも頂いてうれしいです。

恋人でも友だちでも韓国人と出会いたいならぜひ参考にしてくださいね。イケメン、スタイル良し、やさしい韓国人男性にハマること間違い無しです。

韓国人の彼女が欲しいならこちら。
私が韓国人彼氏を作った簡単な方法

はじめて会った人に、必ずしなければならないのが自己紹介ですよね。

第一印象を大きく変える自己紹介はとても重要ですから、いざという時に焦らなくてもいいように、今から韓国語の自己紹介で使えるフレーズをしっかり覚えておきましょう。

ここでは、韓国語で自己紹介するのに役立つ7つの例文とその発音のポイントについて解説します。

【韓国人との出会い】私が韓国人彼氏を作った簡単な方法

처음 뵙겠습니다.(チョウム ペプケッスムニダ)/はじめまして。

はじめて会った人にまずするのが、「はじめまして」のあいさつですよね。

この「はじめまして」にあたるフレーズが、처음 뵙겠습니다.(チョウム ペプケッスムニダ)です。

発音のポイント

ここで日本人が特に気をつけたいのが、처음 뵙겠습니다.(チョウプケッスニダ)の“”と“プ”の発音です。

まずは“”の発音についてです。
表記上は“”と半角カタカナで記載していますが、実際には“ム”と発音せずに、口を閉じて英語のmのように発音するのがポイントです。

つぎに、“プ”の発音についてです。
こちらも表記上は、“プ”と半角カタカナで記載していますが、実際には“プ”と発音せずに、勢いよく口を閉じて英語のpのように発音するのがポイントです。

만나서 반갑습니다.(マンナソ パンガプスムニダ)/お会いできて嬉しいです。

「お会いできて嬉しいです。」という意味をもつフレーズが만나서 반갑습니다.(マンナソ パンガプスムニダ)です。

これは韓国の自己紹介では決まり文句のように使うフレーズですので、しっかりと覚えておきましょう。

저는 〜라고 합니다.(チョヌン 〜ラゴ ハムニダ)/私は〜と申します。

自分の名前を伝えるときには、저는 〜라고 합니다.(チョヌン 〜ラゴ ハムニダ)を使いましょう。

この“〜”の部分には、自分の名前が入ります。
例えば、「私は花子と申します。」と紹介したい場合には、

저는 하나코라고 합니다.(チョヌン ハナコラゴ ハムニダ)

と言いましょう。

일본에서 왔습니다.(イルボネソ ワッスムニダ)/日本から来ました。

「日本から来ました。」と相手に伝える場合は、일본에서 왔습니다.(イルボネソ ワッスムニダ)を使いましょう。

日本のどこから来たのか、都道府県まで伝えたい場合には

일본 도쿄에서 왔습니다.(イルボン トウキョウエソ ワッスムニダ)
東京から来ました。

のように、일본のうしろに都道府県名をつけるようにしましょう。

発音のポイント

ここで日本人が気をつけたいのが、일본에서 왔습니다.(イボネソ ワッスムニダ)の“”の発音です。

表記上は、“ル”と半角カタカナで記載していますが、実際には“ル”とは発音せず、舌を巻いて英語のrを発音するようなイメージで発音するのがポイントです。

아직 한국어를 잘 못해요.(アジク ハングゴルル チャル モッテヨ)/まだ韓国語が上手ではありません。

「まだ韓国語が上手ではありません。」と相手に伝えるときに使うフレーズが、아직 한국어를 잘 못해요.(アジク ハングゴルル チャル モッテヨ)です。

本当に韓国語に自信がないときでも使えますし、本当は自信があるけれども謙遜したいときにも使えるフレーズです。

反対に、「韓国語が上手です(得意です)。」と伝えたい場合には、

한국어를 잘해요.(ハングゴルル チャレヨ)

と言いましょう。

発音のポイント

ここで日本人が気をつけたいのが、아직 한국어를 잘 못해요.(アジ ハングゴルル チャル モッテヨ)の“”の発音です。

表記上は“”と半角カタカナで記載していますが、実際には“ク”とは発音しません。
口は開いたままで、喉の奥だけを閉じるイメージ(英語のkを発音するようなイメージ)で発音するのがポイントです。

저는 〜를/을 좋아합니다.(チョヌン 〜ルル/ウル チョアハムニダ)/私は〜が好きです。

自分の好きなものを伝えたい場合は、저는 〜를/을 좋아합니다.(チョヌン 〜ルル/ウル チョアハムニダ)を使いましょう。

“〜”の部分には、自分が好きなものを入れます。

また、“〜”の部分に入る単語の最後にパッチムがついていない場合はを、パッチムがついている場合はを使います。

例文を見てみましょう。

例文
저는 한국 드라마 좋아합니다.(チョヌン ハングク ドゥラマルル チョアハムニダ)
私は韓国ドラマが好きです。

のように、를/을の直前の言葉にパッチムがついていない場合は、を使います。

また、

例文저는 케이팝 좋아합니다.(チョヌン ケイパブル チョアハムニダ)
私はK-POPが好きです。

のように、를/을の直前の言葉にパッチムがついている場合は、を使います。

反対に、相手に嫌いなものを伝えたい場合には

저는 〜를/을 싫어합니다.(チョヌン 〜ルル/ウル シロハムニダ)
私は〜が嫌いです。

を使いましょう。

また、嫌いでもないが好きでもない場合には

저는 〜를/을 좋아하지 않습니다.(チョヌン 〜ルル/ウル チョアハジ アンスムニダ)
私は〜が好きではありません。

を使いましょう。

잘 부탁드립니다.(チャル プタク トゥリムニダ)/よろしくお願いします。

一通りの自己紹介が終わったあとの締めの言葉には、「よろしくお願いします。」という意味をもつ、잘 부탁드립니다.(チャル プタク トゥリムニダ)を使いましょう。

“これから”という意味の“앞으로(アップロ)”を前につけて

앞으로 잘 부탁드립니다.(アップロ チャル プタク トゥリムニダ)

とすると、「これからよろしくお願いします。」という意味になります。
こちらもよく使う表現ですので、覚えておきましょう。

自己紹介フレーズまとめ

ここまで韓国の自己紹介で使える便利なフレーズを学習してきました。

これさえ覚えれば、韓国語を使った簡単な自己紹介ができるようになりますので、しっかり覚えるようにしましょう。

それでは、またここでお会いしましょう。

앞으로 잘 부탁드립니다!(アップロ チャル プタク トゥリムニダ)
これからもよろしくお願いします!

関連記事

韓国語で「眠い」ときに使える表現7選

オッパを使いこなそう!韓国語でよく聞くオッパとは

韓国語で「ごめんなさい」を伝えるおすすめフレーズまとめ

【韓国語】財布やカバンを盗まれた(なくした)ときに使えるフレーズ集

【韓国語】ビジネスで使える便利なフレーズ集

韓国語で「ありがとう」の使い分けまとめと発音